要チェック!


円安の原因とメリット


について徹底解説!!

- 円安、円高よく聞く言葉だと思いますが皆さん理解していますか?
円安になったらどうなるのか。メリットはあるのか。何故円安になるのかなど、詳しく解説したいと思います。 -

TOP画像

円安であることのメリット

世界で使われている通貨で変動性をとっている通貨は
為替市場で売買され日々そのレートが変化しています。

特に為替市場で活発に取引されているのが基軸通貨と呼ばれる、
ドル、ユーロ、円の3種類です。

一方でニュースで円安や円高という言葉を良く耳にしますが、
これは過去に比べて、現段階の円の価値が
ドルやユーロに対して上がっているのか下がっているのかを指し示すものになります。

円安のメリットとしては、
円が安くなることで少ないドルやユーロで
多くの円を手に入れることが可能になり
日本から物を輸出するといったさいに有利に作用します。

最近人気の外貨預金というのがありますが、
円安にやったほうがいいというのは間違っているそうです。
さらに外貨預金よりも得する投資方法があるそうです。

一方、円高のメリットとしては、
円が高くなることで少ない円で海外からの物品を安く購入することができます。
つまり、輸入するさいに有利になります。

また海外旅行に行くさいにも少ない円で
ドルやユーロを調達することができるので、
日本円から見た費用が安くなります。

輸出業界にとって円高はデメリットが大きいものですが、
円安になることで大きな利益を得ることができます。

また輸出業の企業では設定するレートよりも
円安が進行すればそれだけ為替による利益を得ることが可能です。
一方で、輸入業の場合には設定するレートよりも円安が進行すれば、
それだけ損失となるデメリットになります。