要チェック!


円安の原因とメリット


について徹底解説!!

- 円安、円高よく聞く言葉だと思いますが皆さん理解していますか?
円安になったらどうなるのか。メリットはあるのか。何故円安になるのかなど、詳しく解説したいと思います。 -

TOP画像

アベノミクスと円安の関係

安倍総理大臣は、落ち込んだ日本経済を立て直すための政策として
アベノミクスを推進しています。

アベノミクスは3本の矢と呼ばれる三つの経済対策を行うことで
経済活動を活性化させるというもので、
1本目の矢である金融緩和が行われたことによって株価が上昇し、
為替は円安方向に大きく進んでいます。

なぜ自国通貨の価値が低くなる円安になるのかというと、
金融緩和によって市場に大量の円が供給されたためです。
ものが増えれば価値が下がるという経済の原理に従って、
円の価値も下がったのです。

円安になることで心配されるのが、国民の生活への影響です。
円の価値が下がるということは、
海外からものを輸入する業者にとっては打撃になります。

今まで1ドル分の材料が100円で輸入できていたのに、
今では120円を支払わなければ輸入できなくなってしまったのです。

この打撃は国民の生活にも影響を及ぼし、
スーパーで売られる輸入物の食材や輸入物を原材料に使用している
レストランで提供される料理は値上がりせざるを得なくなりました。

しかし、円安は悪いことばかりではありません。
海外の投資家が日本の企業に投資する動きが活性化し、
日本企業の体力が上昇しているのです。

ちなみに投資で現在人気のあるFXですが、凄い少額から始めることが出来るそうです。
詳しくはFXはいくらから始めることが出来るのか?知りたい人が読むサイト
見てください。

このことをきっかけに国民生活が向上することを安倍総理大臣は期待しており、
円安を過度に心配することはないのです。